Year2016.8〜2019.9

2016年夏、下北沢高架下に誕生した3年間限定のイベントパーク。アジア屋台酒場“ロンヴァクアン”を併設。

屋外に設置される「下北沢ケージ」は、金網フェンスに囲まれた約200平米のスペース。昼間の時間は街の広場として開放され、夕方から夜にかけてはその一部は飲食店舗の屋外客席、そしてマーケットや多種多彩なアクティビティやイベントが行われる空間です。アジア屋台酒場「ロンヴァクアン」はアジアの屋台酒場からインスピレーションを得たカジュアルな食堂・酒場。

本企画は下北沢駅周辺の高架下空間を3年間の期間限定で有効活用する事業「KEIO BRIDGE Shimokitazawa」の一環。独特の個性的な文化を積み重ねてきた下北沢の街に新たな表現拠点をつくり出し、同時に街のこれからのオープンスペースのあり方を問う実験的なプロジェクトでした。

※2016年夏オープン、2019年9月をもってクローズ。

Credits

  • Client

    京王電鉄株式会社

  • Credits

    運営会社:
    株式会社スピーク、株式会社東京ピストル(現・BAKERU)
    運営委託会社(ロンヴァクアン):
    株式会社WAT